演劇的


Lysistrata (La greve du sexe)

2005-2006シーズン初めて見る舞台。
Lysistrataは、Aristophaneが書いたギリシャ喜劇。
これがまたとても現代的で面白い。
タイトルにある”La greve du sexe”は、”セックスのストライキ”という意味。
話は簡単。争いを止めない男達に業を煮やした Lysistrata は女達を集め、ある作戦を立る。 それは「戦争を止めるまで、性交渉はもたない」というもの。そこから戦争、男女の関係など、いつでも現代的なテーマをベースに繰り広げられる。戦争のくだらなさ、女性の社会での立場などを、とてもコミカルに語ってくれる。
しかも演出も素敵。俳優は6人だが、キャラクターは20人以上。皆表現するために、お面やマリオネットなどを使うのだ。マリオネットもお面も、全部とても独特で、それぞれとても個性的。一人一人に合わせた声、性格がはっきりでててわかりやすい。
舞台美術はシンプル。白い弾力性のある布が二枚、舞台の中央に広げてある。そのウラで影をつかった演技もやっていた。布の間は、きついシャツのボタンみたいに、隙間が数箇所。そこから頭をだしたり、手を出したり。
エネルギッシュでリズム感があり、いいテンポ。チケット代が高いのが本当に残念…。
といっても、15ユーロ(約2000円)。私は知り合いのつてで招待状をもらえたが…。
こっちでは学割があれば殆どの舞台を10ユーロ程度で見れる。
これからもどんどんみなくては。

下はフランスのサイトのコピペ。
Nouvelle traduction d'après Aristophane. Mise en scène de Rafael Bianciotto. Comédie en masque et marionnettes.
C'est avec audace que Lysistrata réussit à convaincre toutes les femmes des cités grecques de faire la grève du sexe, jusqu'à ce que les hommes reviennent à la raison et arrêtent les combats... Lysistrata est une comédie relevée, à la fois légère et porteuse d'un propos philosophique universel sur la guerre et son absurdité, sur les rapports hommes-femmes et sur le pouvoir : une histoire très actuelle !
[PR]
# by gekiteki-engi | 2005-09-22 22:01 | 舞台


キスORびんた。

一週間ぶりに、V先生との授業。
軽い準備運動、呼吸の整え、リラクゼーション。そして、コンテンポラリーダンスでやるという、”クッションごっこ”。二人一組になって、それぞれが、相手のクッションになっていくというもの。まず、一人が横になり、その上、好きなところに、自分の好きな体の一部を乗せる。ある程度安定したら、軽くその部分をあいてから離し、相手がしたからぬけでれらるようにする。今度はしたにいたほうが上に乗ってくるのである。そうやって順にやっていくと、どんどんあがっていくので、最高峰までいったら、またおりていく。単純で、なんか気持ちいい。相手と呼吸をあわせながらやっていくと、とってもリラックスできる。
このエクササイズは、月曜日にP先生ともやった。しかし、V先生は、これにさらに、感情を足した。どういう意味かというと、毎回、くっついてるときに、どういう台詞が思い浮かぶか、どういう風に話すか等、ちゃんと想像しながら体制を変えていくというもの。また、相手に乗られて、そしてそこから抜け出たとき、一人になったパートナーの体勢は、かならずといっていいほど、悲劇的なポーズになっているのだ。それは、”空”が催す現象である。あるべきものがなくなって、どこか穴が開いてしまう。自分が乗る前に、必ず相手の取ってるポーズを見る。たしかに悲劇的で、切なくなる。
そして今日もまた、教室を何かしながらわたる。今日は、ペアになり、とりあえずお互い声に出さずに、フィーリングで同時に進んで、お互いのことを”感じながら”わたる。同時に進むわけでもなく、ちゃんと相手がどこにいるかを感じ取りながら進むもの。そうやって、舞台上にいるパートナーとちゃんとつながっていられるかを確かめる。
次にまたちがうパートナーと渡って、今度は右に立ってる人が、左の人にびんたかキスをする。そして、お互い正直なリアクションをだす。キスはもちろん口付けである。ここで、びんたをしてしまったことで、ごめんなさいと何回もあやまる人や、やっぱり笑ってしまう人と、いろいろだ。キスは、気まずくなる人、のりのりの人など…。
最後には、インプロ(即興)
シチュエーションは、エレベーターの中。偶然出会わせた二人は、大親友だったが、とある理由で大喧嘩して10数年ぶりにそこで再開したと人たち。しかも、エレベーターは故障した。
さぁどうなる??
泣くもの、笑うもの、怒るもの…。色々いるが、何より、言葉でなく体で表現してるほうが面白い。
”あの時はあぁしてあぁなってあぁなったのはあなたのせいよ!”とか言わず、ただ、体で気まずさや怒りを表してるほうが、観客には断然つたわるのだ。後ろから見てて、振り向いたら目があわないように避けたり、何か伝えたいけど言葉が出なかったり…。些細な事で感動できる。
[PR]
# by gekiteki-engi | 2005-09-21 22:38 | 演劇学校


実演

午後は、P先生と2日続けての授業。
今日は、昨日たのまれて、去年演技の先生と勉強のために演じたシーンを披露。ソレを見て、P先生が自分達にあったキャラクター、脚本を紹介。
いわゆるバレーで言うプリマドンナかな?Jeunes premiersという、まぁ、若いスターの演技者のタイプ。背が高くて、容姿端麗な人達が選ばれる。
他に、スケベで遊び人タイプの、コミカルなキャラクターSganarelleや、おおらかで面白い、家政婦系のSobretteなど、種類わけされるのだ。
こうやって、今日からもう他の人達とくんで演技にうつる。
[PR]
# by gekiteki-engi | 2005-09-20 22:15 | 演劇学校


Diction

今日で最後の”初日”。火曜日は午前と午後、二つの授業がある。
朝は、Diction。Pa先生は今年うちの学校で教えるのは初めてらしい。この学校のポリシーで、先生は皆現役の役者や演出家だけである。本人もそうで、まだまだ若くてしかもかっこいい。笑
マァ、さておき、Pa先生とは、Diction、すなわち”話し方”の授業である。発声練習や、早口言葉などそういうことをやるのだろうか。
とりあえず今日は呼吸法。仰向けになって、ひざを曲げる。息を吸うときには、腰の下があがり、吐くと、腰の上があがって、背中が床を離れる感じになる。
呼吸法は、日常生活、舞台の上、歌う曲などによって、変ってくる。全部を正しく使い分けれるようにならなきゃいけない。
呼吸法の次は、朗読。イントネーションをつけづに、かつ、電報のように平坦にならないようにテキストを読む。イタリア語などに比べられると、フランス語はイントネーションが少ないと言われてるが、それでもこれがなかなか難しい。ヨーロッパでは、英語やドイツ語を話しているとわりと簡単にできるらしい。
ここで宿題。来週までに、もらったテキストの中で好きな5-6行を、声に出さずに暗記する。もちろんこの、イントネーションをださずにだ。
声に出さずに暗記するのは、なかなか難しい。これになんの意味があるのか、来週ちゃんと教えてくれるのだろうか。
[PR]
# by gekiteki-engi | 2005-09-20 22:09 | 演劇学校


Interpretation

本日P先生との初授業。あらかじめStanislavskyの影響を受けていることはきかされていた。
ひとことでStanislavskyといっても、いろいろ複雑なので、興味あれば調べて見てください。とりあえず、アメリカのアクターズスタジオなどで現在教えられてる演技の基本となったものだ。
まずはじめに、皆で輪になり、ひとりづつ、好きな動きをしながら音を声でだす。動作は、ドアを開けてこんにちは、等といった、現実的なものになってはならない。
そしてその動作を、生徒皆で2,3回一緒にやる。その時、最初に紹介した人の真似ではなく、あくまでも動きは同じにしながら、自分の”解釈”を足さなければならない。
たとえば一人の動作は、キャーと叫びながら飛んだりして、喜んでる姿を現してるときに急にとまって、最後には悲しそうに振り向くとういうもの。現実的、抽象的ではあってならないが、感情や、意欲を示すような動作が好ましい。またその動作を皆そろってやると、教室にはすごいエネルギーがたまる。一緒に始めて一週間もたたないが、本当にいいクラスになりそうだ。
他には、集中力を鍛えるゲームまがいのトレーニング。手をたたいて、誰かに向かって両手を広げて、色、名前、果物など、シリーズになりうる言葉を言う。それをあいては一度手をたたいて言ってきた人にむかってもう一度言い、ちがう人の方をむいて、同じようにちがう言葉を言う。そしていつの間にか、同時に色シリーズ、動物シリーズ、果物シリーズが輪の中を回っていて、全てに注意してなくてはならない。
”ピンク-オレンジ
 オレンジ-メロン”と、いつの間にか色だったのが間違って果物になってしまった場合、元の色に戻さなくてはならない。
”メロン-赤”といった具合に。
自分の番でなくとも、注意深く全てを聞いていなければならない。”今のオレンジは色の方だ”と、ちゃんと把握してなければならない。そして同時に二つの言葉を”受け取った”ら、順番に両方に応じなければならないのである。 これはかなり難しい…。

最後には、マイムを使ったエクササイズ。適当にあるシチュエーションを思い浮かべながら動いて、好きなときに動きを止める。そのときとったポーズを次の人がとり、最初にいた人が舞台からいなくなったときに、そのポーズから新しい動きを生み出していくというもの。皆やったら、全く同じものを始めからやってみる。2回目になると、最初は感情など感じていたはずが、頭脳化してしまうことが多い。何をやってたか思い出そうとするからだ。そうすると大体動きが曖昧になったり、早くなったりする。2回目が終ると、一人一人自己審査。ここが早かった、この動きは最初と同じにできた、ここの動きが曖昧になってしまったなど皆言葉にして言う。そして3回目に突入。しかしそのまま全く同じではつまらないので、今度は自分が動いているときに、違う生徒が効果音を出す。ソレによってまただいぶ変ってくる。全く同じ動きをしなければいけないのに、音のせいで、リズムが変ってしまったり、リアクションがかわってしまう。しかしそうやって同じ動きが新しくなっていくのである。
演劇は、ひとつの舞台を何回も何回も演じなければいけない。しかし、演じるたびに、変っていく。全く同じことを繰り返すのは不可能だ。そんななかで、どこが変わって、どこが変らないのか。どこに注意して変らないようにすればいいのか。そういうことを学べるエクササイズだ。

今日は集中力、繰り返し、といった、演技に欠かせないものを改めて学んだ。
[PR]
# by gekiteki-engi | 2005-09-19 22:49 | 演劇学校


Danse afro-contemporaine yoga

ウチの学校では土曜日には自由参加の授業が二つある。
コンテンポラリー・アフロ・ダンスと、ヨガ、それぞれ二時間づつの授業。
役者には体力が絶対必要!また、アフリカン・ダンスは、腰を重要視する。そして、重心をちゃんと支えられるようになる。
舞台に立っているときは、どんなときも、がっちし足が地に付いてなければならない。突然押されても倒れないぐらい。ヨガでもそれが鍛えられる。
ちなみに今はかなり筋肉痛に…。もうなれてきたが、最初の頃は”こんなとこにも筋肉があったのか!”と思ってしまうぐらい、ありえない筋肉をつかったりする。こうやって自分の体をできるかぎり把握していく。自分の体はマスターしなくてはならないのだ。

さて、ストレッチして寝るとするか。明日はメインの演技の先生Pとの初授業。去年の2年生の指導もしていて、彼らの発表した舞台には圧倒された…のでかなり楽しみである。
[PR]
# by gekiteki-engi | 2005-09-18 22:33 | 演劇学校


Commedia dell'arte

本日は、J-H先生と、Commedia dell'arte の初授業。
e0075536_8245657.gif
やはりリラクゼーションから始まる。Feldenkrais運動だ。整体になるらしく、まじめにやれば、身長も数センチ伸びるとか。
次にはインタビューごっこ。生徒同士も先生ともなじんでいく。また、これにより、皆の舞台の上での反応や対応力がわかってくる。たとえば、
”-好きな演劇作家は誰ですか?
-シェークスピアです
-あぁ、シェークスピアですか。”
という風に、相手の答えを言い返したりする人。それは、ただの時間稼ぎになる。”インプロ”(即興)がベースとなるCommediaでは、こういった時間稼ぎは絶対に使ってはならない。観客が同じ台詞を二度聞いても何も面白くないのである。
コミカルな”間”をとる人もいたり、質問がどんどんでてきたりと先生はこれら全部少しずつどうつかえるか学んで行く事になるといった。
インタビューが終って休み時間。戻ったら、今度はCommediaの歴史について語ってくれた。
イタリアで16世紀ごろ(1545年2月21日?だったかな?と言われてるらしい)にはじまって、あっという間にヨーロッパ全土にわたったそう。詳しくはhttp://www.officeww.com/mime/about/dellarte.html
で見てみてください。とても面白いですよ、独特で。
能や歌舞伎、インドのカタカリなどの、東洋の演劇とは対照的な”Representation”(表現でいいだろうか)の演劇だ。東洋では、なんでもSymbolized(象徴的)になってるが、Commediaでは全てが表現である。実際のものをそのまま、または、誇張して表現する。…この違いはつたわりますか?

話の途中で、先生は、悲劇などより観客の反応がとても身近に感じられるから、Commediaが好きだと言った。何より観客に愛されたいのだと。
”役者は皆ノイローゼ”と役者Fabrice Lucciniは言ったそうである。皆愛情をもとめているのだ。
それを聞いたときに涙が出そうになった。そんなこと分かりきっていたのに、改めて言葉で聞くと、実感がわいたのだろうか。
[PR]
# by gekiteki-engi | 2005-09-16 16:07 | 演劇学校


2年生初日

今日も授業は、初日らしく行われた。
校長先生の挨拶の後、木曜日の演技指導のV先生と、柔軟体操やらリラクゼーション。
きたーーー!!複式呼吸。
そして、輪になって、ひとりずつ、自分の名をいいながら、ある動きをする。前の人のやった動きだけを真似して、さらに自分の名前を言いながら新しい動きをたしていく。
単純で、かなり難しい。
こういうのをやると、やってきた人達を順番に見ながら思い出す人、動きをあやふやに適当にやってく人など、個人の性格とかが表れやすい気がする。自分は体で覚えるほうで、振り付けみたいに覚えるタイプだ。
んー。こうして字に書くと、なんだか分かりずらいかな。しかも、4時間の授業でやったエクササイズ全部を書くのは大変だぁ。ってか無理。
その後、やっと自己紹介。二年生になって、去年の午後の部と午前の部の生徒が混ざったし、先生にも自己紹介。”ここにいるのは、居場所があるからだ。別にわざわざその理由を他の人たちに認めてもらおうとしなくていい”。そんなようなことを先生は言った。”正直に。緊張などは隠すな”とも。無難に名前年齢、出身地や趣味を言う人や、笑いはじめてしまい、そのまま最後まで笑いだけで済ませた人もいた。
なじみはじめたら、舞台での役者の”ありかた”を教わる。V先生曰く”演技者の感じることなどどうでもいい。重要なのは、観客が感じること。舞台に立つ役者は、心を”無”、いや、”空”にして、回りでおきている全ての出来事を受けいれらる体制になるべし”。
去年の先生と全く違う意見だ。
でもそのおかげで、自分にあった演技の仕方をみつけやすくなる。やはり色々試さないと。

その後、教室を笑いながら渡る。そこに”走り”を足す。さらにパートナーを足す…。
また、教室の角にいる先生と目をあわせながら、さらにののしりながら、そっちに向かう(これはかなりきつい…)。
こういうことをした後に、あえて”空”になって教室を歩く。敏感になるし、disponibleになる。
不思議な感覚だ。
とてもいい感じの授業。先生はとても厳しく、信頼できそうだ。

明日は生まれてはじめての、イタリアの演劇”Commedia dell'arte”の授業。楽しみだ。
[PR]
# by gekiteki-engi | 2005-09-16 00:06


演劇を学ぶ

e0075536_731630.jpg
現在フランスの演劇学校2年生。
大学にも同時に通い、演劇の歴史や定理も学んでいる。

夏休みも終わり、今日、2ヶ月ぶりに授業をうけ、毎回見たもの、やったもの、感じたものを、忘れてはいけないと思い、ブログを書くことを決意した。
とりあえずは自分のためだが、公開して見ようとおもう。

演劇学校一般授業だけでも授業が週4日。ダンスとヨガ、ミュージカル、さらに大学の授業を足すと、かなりの時間になる。
もちろん大学の勉強の予習・復習、宿題にレポート、下手すれば研修、そしてそのレポート…。
ついでに大学のオプションで聖歌隊にもはいる予定。
忙しくなりそうだ…。
でも好きなことだけをやって学べる幸せ。

ちょうど今日、長年服飾の勉強をするのを夢見ていた日本に住んでいた友達と、パリで会った。
親に反対されていて日本の大学に通いながら、秘密で受けたパリの学校に合格。やっと認めてもらえたというかっこいい人だ。こうやって一生懸命夢に向かうのはかっこいいと思う。
自分ももっと頑張ろうと思う。

来年の3月ごろには、国立の演劇学校を受ける予定。競争率は高く、受かるのも100分の1人だけだったりもする。
それに向かって自分を磨く姿を追うブログとなるかな。
[PR]
# by gekiteki-engi | 2005-09-15 22:37

    

フランスの演劇学校で学ぶ
by gekiteki-engi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 08:49
はじめまして。偶然見つけ..
by ニューカマー(新参者の意) at 22:47
ブログ開設おめでとうござ..
by みんなのプロフィール at 18:10
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧